重い心臓病治療の流れ

医師

状況に応じ適切に対処

冠動脈は大別して左前下行枝、左回旋枝、右冠動脈の3本です。どういった冠動脈がどの程度狭まっているかをチェックするために、心臓カテーテル検査を実施します。この他、状況に応じ心電図や血液検査そして、胸部レントゲン写真や心エコー検査などを行います。 心筋梗塞には、治療の流れとして、状況に応じ薬物治療それから、カテーテル治療そして、冠動脈バイパス手術があります。 痩せ細った冠動脈の血の巡りを活発化させるために抗血小板療法、抗凝固療法が心筋梗塞の薬物治療の基本線です。他にも心筋梗塞の状況に合わせて、冠動脈を拡張させる作用の拡張薬であるとか、血圧を下げるいった薬物療法が見受けられます。また、冠動脈バイパス手術については 狭まっている冠動脈の末梢へ、迂回路を作り上げ血管をバイパスさせる心筋梗塞の外科手術です。カテーテル治療が難しいケースなどに行います。 カテーテル治療はカテーテルという名の細い管を冠動脈に至るまで入れ、狭くなった血管であるとか、ふさがった血管を広げ血液の循環を再生させる治療法です。PCIと称されています。 カテーテル治療は、カテーテルの先にセッティングした風船をふくらませ狭まっている血管を広げるバルーン療法それから、バルーンによって広げたあとに金網状の筒の取り付けを行って血管が狭くさせないようにするステント治療、さらに詰まった血管をドリルなどで開通させるロータブレーター治療など、多種多様な方法が存在します。 以上の治療法を医師が総合的に判断して対応します。

Copyright© 2018 脳梗塞の後遺症はリハビリで改善【様々な種類のリハビリテーション】 All Rights Reserved.