女性

手術後の過ごし方

心筋梗塞になると、すぐに病院で手術が行われます。リハビリを経て退院もできますが、それ以降も一定の対応が必要になります。再発しないための薬を飲み続ける必要があり、タバコをやめるなどの改善も必要になってきます。

詳しく見る

日常生活動作の獲得

医者

回復していく過程

脳梗塞とは脳卒中に含まれるもので、脳卒中には脳の血管が詰まるか破裂するかで、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血に分けられる。脳梗塞は脳の血管が詰まることで、詰まった部分の脳細胞が障害される。脳卒中の約3分の2はこの脳梗塞である。脳梗塞が起こると、左右どちらかに運動麻痺が出現する、意識障害や言語障害が出現したりする。重度の場合は命を落とすこともある危険な病気である。脳梗塞を予防するためには、高血圧や糖尿病、脂質異常症などといった危険因子をしっかり管理し、普段の生活から運動や食事などの生活習慣を意識して改善していくことが重要である。脳梗塞の症状が疑われれば、直ちに病院を受診もしくは救急車を呼び治療を受けることが必要である。専門病院では脳梗塞が起こってからまもないときに血栓を溶かす血栓溶解療法を行って、原因となっている血管のつまりを改善させる方法を採用する。それからその後の再発予防のために内服にて治療を行うのが一般的だ。また早期よりリハビリテーションを行うことで、できる限り後遺症を残さないように治療を進めていくことも可能だ。脳梗塞に対するリハビリテーションは、後遺症をできるだけ改善させ、再び日常生活を取り戻す支援をしていくものである。リハビリテーションプログラムはできるだけ早期から開始し、全身状態の管理から、関節運動や麻痺に対する運動療法、また言語療法や作業療法など、様々な種類のリハビリテーションスタッフが介入し、患者へのサポートを行っていくのである。

看護師

力の入れ具合で決めよう

脳梗塞の治療を受ける病院は、リハビリへの力の入れ具合で決めるようにしましょう。順調に回復し、元通りの生活に戻るためには治療をスタートさせるスピードだけではなく、リハビリの充実度も重要なので、スタッフの人数や器具の多さなどを調べて決めると良いです。

詳しく見る

医師

重い心臓病治療の流れ

心筋梗塞の治療の流れについてですが、流れにくくなっているあるいは塞がった冠動脈の血流の再開が予後に影響しますので、薬物療法やバイパス手術など状況に合わせて、臨機応変に対応していきます。スピーディーな対処が求められます。

詳しく見る

医者と患者

快復を目指して

脳梗塞を発症した場合、6割以上の方に後遺症が残ってしまい、リハビリが必要になります。脳梗塞には急性期と回復期があり、本格的なリハビリは回復期に行われ、発症前の生活、特に食事とトイレを自力で行えることがポイントとなることが多いです。障害が残ってしまったとしても、諦めずにリハビリを続けることが重要です。

詳しく見る

医者

重い心疾患の前兆とは

癌に次いで死亡する率が高いとされるのが心疾患です。その中にあっても加齢と共に気掛かりなのが、心臓の血管がふさがる心筋梗塞でしょう。前兆については、半数は無自覚といわれています。そして、残り半数は狭心症が悪化した際に起こる症状が生じます。

詳しく見る

Copyright© 2018 脳梗塞の後遺症はリハビリで改善【様々な種類のリハビリテーション】 All Rights Reserved.